【0117】新入社員研修のあるべき姿とは 0 of 2

90-番外

「諸事情により、新入社員研修のカリキュラムを受けています。」という一文から始まる文章を書きかけながら、

そのカリキュラムのなかに、MBAの登竜門として位置づけされている社外研修があって、
よく練られたケースを使った熱中度の高い課題を投げられています。

正直、30代も半ばになると成長機会が少なくなるので、これを乗り越えれば成長できそうだ、という期待を感じる課題には何を置いても応えたくなります。

一方で30代半ばというのは業務は質量とも有り、かつ、プライベートも結婚・出産、子育て、住まい購入などとイベントが盛りだくさんの時機です。

まあ、そういうことを言い訳として、課題にのめり込んだ結果、今週もここまでとさせていただきます。
次回に、「新入社員研修のあるべき姿とは」というテーマで投稿する予定です。

–次回につづく–

90-番外


このページの先頭へ