【0289】ホウタンのためのフレームワーク導入(再) 5 of 5

14-連載-法務三大フレームワーク

–前回までのあらすじ–

フレームワークとは思考の枠組み、一例のPPMを見るだけでわかるように、自分でゼロから考えなくていいし、受け手もわかりやすい、たくさん覚えて課題に合わせて適宜最適なモノを使っていこうぜ、いまでは世の中もそれを求めているぜ、でも「ハンマーしかないとすべて釘に見える」といわれても現実には無理、たとえハンマーしか持っていなくても、他の誰にも打てない角度で釘を打てるようにしようぜ、鉄鍋とか漆器椀とか万年筆とか使い込むことで価値が高まる道具のように、フレームワークもとらえたらどうだろう。

(あらすじここまで)

 

道具を使い込むことで自分の書きグセに馴染んでいく万年筆の話を挙げました。

さらに道具を毎日使うことは自分にとって使いやすい形になるだけでなく、長く使うことにもつながります。

万年筆のメインテナンスは面倒に思われるかもしれない。実はメインテナンスとして真っ先に考えるべきことは、「万年筆を日々使い続けること」である。これが何よりのメインテナンスになるといわれている。

万年筆でよくあるトラブルは、入れっ放しにしたインクが万年筆の中で乾燥してしまうことだ。しかし、日々使っていればそうした心配はない。毎日少しでもよいから使ってあげたい。

<土橋正 『仕事文具』>

(略)腕のいい職人は椀を磨かない。上塗りで刷毛目を残すことなく滑らかに塗り上げて、使ううちに自然に艶が出ることを見越しているから。上質の漆器は毎日使って磨かれる。洗って拭き上げるたびにほんの少しずつ磨かれる。上質の漆器を使うにつれて漆が透けて、つややかさを増していく。

<山口泰子 『暮らしと器』>

 

前回から、少し寄り道をして、
道具を使い込む、毎日使って磨かれる例を挙げてきました。

フレームワークも道具です。

さすがにハンマーひとつでは不安だけど、100も持ち歩き最新機に持ち替え続けるのは無理です。長く持ち歩くにはせいぜい二つ・三つがいいところだと思います。

数は少ないかもしれないですが、しかし、その二つ・三つは完璧に使いこなせる、
道具というのは、そういうものではないでしょうか。

ただ、「使い込む」ということなので、選んだ2~3の他は知らなくてもいいということではなく、それ以外も知識としては持っているべきだと思います。
知っていないと良いモノを選ぶこともできませんし、依頼者が使ってきたときにフレームワークの説明を求めるのも無駄な時間だと思います。

–次回につづく–


このページの先頭へ